Japan Cosmetic Center

【参加者募集】JCC第7回産学交流セミナー 美容・健康系シーズ発表会を開催します。

發佈時間 : 2021/02/22

第7回産学交流セミナー美容・健康系シーズ発表会を開催します。
大学から研究シーズを発信し、大学と自治体との共同で進められた研究成果を紹介します。
新たなビジネスチャンスを得る貴重な機会です。ぜひご参加ください。

開催概要



 開催日:3月4日(木)14:00~17:00(13:30受付開始)

 開催形態:会場とオンラインと両方で開催いたします。

 会 場:大手口センタービル3F(佐賀県唐津市南城内1-1)

 オンライン:お申込み頂いた方に、後ほどURLを送らせていただきます。
       ※オンライン会議システム「Zoom」を利用して行います。
       ※新型コロナ感染拡大防止のため、佐賀県外の方はオンラインでご参加お願いします。

 主 催:(一社)ジャパン・コスメティックセンター

 参加費:無料

 定 員: 会場30名、オンライン100名
 
 お申込みはこちら→https://forms.gle/BjnNLgnKqJjxk2XP6


プログラム


※登壇者、タイトル等は変更になる可能性がございます。

 14:00 開会あいさつ

 14:01 基調講演「健康ビッグデータをベースとした『寿命革命』エコシステム構築戦略
           -産学官民一体型持続的健康オープンイノベーションPF構築をめざして-」
       村下 公一 氏 弘前大学COI研究推進機構(健康未来イノベーションセンター)/
              COI副拠点長・教授/京都府立医科大学・客員教授/東京医科歯科大学・非常勤講師

 15:10 共同研究成果報告「野生植物資源の活用に関する研究」
       東江 栄 氏 九州大学 農学研究院資源生物科学部門 教授
     資源植物は、作物が失った多くの有用な特性を有している。資源植物の抗酸化および抗糖化を指標に、
     これらを左右する物質同定とその含有量を増加させる栽培法の検討を実施。その成果を報告する。
     http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/shokusei/index.html(研究室サイト)

 15:30 佐賀県工業技術センター事例紹介「玄界灘の海藻類の産業利用を目指して」
       柘植 圭介 氏 佐賀県工業技術センター 食品工業部 特別研究員
     佐賀県玄界灘産海藻類の新たな産業利用を目指し、機能性を有する海藻の選抜を試みた結果、
     褐藻類ウミウチワなど複数の海藻にMMP-1阻害活性化認められた。その成果を紹介する。
     https://www.saga-itc.jp(工業技術センターサイト)

 15:50 共同研究成果報告「タマネギ外皮抽出物を利用した抗酸化能を持つハイブリッド型乳化剤~ハンドクリームへの利用検討~」
       川口 真一 氏 佐賀大学農学部附属アグリ創生教育研究センター 天然資源化学分野 准教授
     佐賀で豊富に収穫されるタマネギの外皮抽出物を由来、抽出物に含まれる
     ケルセチンの持つ抗酸化能を活用した乳化剤を開発している。
     またそれを利用したハンドクリームの開発を行っている。その成果を報告する。
     http://www.aic.ag.saga-u.ac.jp/karatsu/index.html(研究室サイト)

 16:10 共同研究成果報告「唐津産完全養殖サバのぬめり成分の機能性評価」
       桑原 順子 氏 福岡工業大学工学部 生命環境化学科 教授
     唐津産完全養殖サバのぬめりに含まれるたんぱく質・ペプチド成分を分離、
     抗酸化活性、抗糖化作用を評価。また、ヒト表皮角化細胞株HaCaT細胞を用いて、
     過酸化水素消去能を評価した。その成果を報告する。
     http://www.fit.ac.jp/site/leac/laboratory/kuwahara(研究室サイト)

 16:30 質疑応答

 16:55 閉会


■お申込み
 申込フォーム(https://forms.gle/BjnNLgnKqJjxk2XP6)よりお申込みください。
 オンライン参加の方には受付後、配信URLを送らせていただきます。

■お問合せ先
 一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター 担当:藤岡
 TEL: 0955-53-8700 FAX: 0955-58-8655 E-mail: fujioka@jcc-k.com